眼瞼痙攣を改善するためにはビタミン摂取が有効って本当?

眼瞼痙攣を改善するためにはビタミン摂取が有効って本当?

眼瞼痙攣について調べていると、ビタミンが有効だと書かれていることも多いです。

 

では、サプリメントや食事などからビタミンを補給することで本当に眼瞼痙攣を改善させることはできるのでしょうか?

 

ここでは眼瞼痙攣とビタミンの関係性についてわかりやすく解説します。

 

眼瞼痙攣はビタミンの経口摂取では治らない

結論から言うと、ビタミンを経口摂取しただけではよくなりません。

 

瞼の痙攣に対してビタミンが有効であるといわれているのは、あくまでも疲労が原因の場合の痙攣に対してであって、すべての眼瞼痙攣に対して効果があるというわけではないのです。

 

また、疲労が原因の痙攣であったとしても、経口摂取ではなく点眼薬として直接摂取する方法が普通です。以下、やすずみ眼科クリニックのサイトから引用。

 

眼精疲労からの痙攣なら、その原因を取り除く(老視なら老眼鏡を合わせるなど)、ビタミンBの点眼薬をする、ゆっくり休むなどで改善することも多いです。

 

ここにもあるように、疲労が原因の瞼の痙攣であってもサプリメントや食事からビタミンを摂取するのではなく、あくまでも点眼薬として処方されるのです。

 

正しい知識を身に着けることが大切

特に症状が軽い人に多いのですが、ネットにビタミン摂取が重要だと書かれていたからサプリメントで対策をしていると思っている人は要注意です。

 

上で解説したように、市販されているサプリメントを毎日飲んだくらいでは瞼の痙攣に有効な対策にはなりません。

 

もちろん、ビタミンの摂取で痙攣が収まることもあるのですが、それは眼科で処方されたビタミンBの点眼薬を使った場合です。これとセルフでのサプリメント摂取を一緒にしないようにしましょう。

 

症状が軽いうちはいいですが、長年サプリメントだけを信じて飲み続け、病院に行った時にはすでに重症化してしまっていたというケースも少なくありません。

 

治療は早いほうがいいので、少しでも悪化したと思ったら専門医に相談してみるようにしましょう。

page top